唐津暮らし〜ここちよい生活のはじまり

移住者の声voice

佐賀県唐津市の暮らしを体験できるお試し移住とは?

普段暮らしている場所から新たに移住を検討する際、希望する地域の情報収集を行う方が多いと思います。その地域がどんな場所なのか。どんな住まいがあって、どんな暮らしができるのか。「周辺の地域にはどんな人が住んでいるだろう?」「新しい場所に馴染めるだろうか?」など不安なことが多々あると思います。そんな移住のハードルを一つ一つ取り除いてくれる支援がお試し移住です。今回の記事では、移住先の暮らしを体験できるお試し移住施設についてご紹介していきます。

お試し移住ってどんなもの?

お試し移住とは、希望する移住先に短期間滞在し、その地域の暮らしを体験できるプログラムです。滞在中に住まいや仕事探し、子育て情報などの知りたい情報収集を行うことができますし、実際にその土地に滞在することで移住した後の生活の具体的なイメージがしやすくなります。「海の近くの環境で暮らせるだろうか?」「子育て環境はどんな感じなんだろうか?」「暮らしの利便性はどうなんだろう?」など具体的なイメージができるので、お試し移住前のイメージとのギャップを埋めることができます。また、地域の方とのふれあいや地域の環境、暮らしを知ることで、自分自身に合う場所なのかを判断することができます。

唐津のお試し移住

お試し移住施設根の家外観

唐津市にあるお試し移住は、唐津の街を一望できる鏡山の麓にあり、唐津市から移住支援事業を受託しているNPO法人唐津Switchが自主運営を行っています。移住の一歩前のステップとしてお試しで体験できる施設根の家ROOTHAUSは、いきなり移住することに不安を感じている方、住まいや仕事を探すために短期滞在したい方、唐津暮らしを体験したい方が、最長1ヶ月間滞在できる唐津という街とつながるきっかけの場所になっています。

2つのタイプのお試し移住

根の家ROOTHAUSには、単身者向けのお試し移住と家族向けお試し移住の2つのタイプのお試し移住があります。

1.単身者向けお試し移住

1つ目の単身者向けお試し移住プランは、単身で移住を検討している方が根の家のシェアハウスで暮らしながら唐津暮らしを体験できるプランです。唐津で新たに挑戦したい方や唐津と繋がりたい方におすすめです。2020年の2月から始まり、現在までの2年間で唐津に移住を検討されている方や唐津焼のお弟子さん、唐津で農業に取り組みたい方など23名の方に利用していただいています。

滞在期間は、1ヶ月。全5部屋個室。※リビング・キッチン・トイレ・浴室等は共有となります。

2.家族向けお試し移住

2つ目の家族向けお試し移住プランは、2022年の2月に新たにオープンした施設【根の家離れ】で家族やパートナーと唐津暮らしを体験できるプランです。こちらのプランは、住まい探しや仕事探し、子育て情報などの情報収集される方におすすめです。

滞在期間は、1ヶ月。※キッチン・浴室は母屋と共有になります。

根の家がある半田矢作地区の風景

お試し移住施設根の家の4つのおすすめポイント

唐津のお試し移住は、お試し移住の滞在中はもちろんのこと滞在前から滞在後まで移住コンシェルジュがサポートを行っていることが特徴です。利用前からヒアリングを行ない滞在中にどのような体験や見学、交流をしてみたいかなどをお伺いし、滞在期間を有効に活用していただけるようサポートを行っています。また、滞在中もヒアリングを行ない住まいや仕事探しのサポート、唐津市内各施設へのアテンド、体験のコーディネート、地元の方や先輩移住者との交流など幅広く移住希望者に寄り添いながらサポートを行なっています。

1.生活に必要なものを完備

お試し移住住宅には、家電・寝具・Wi-Fi・個室の寝具・調理器具・家具・シェアカー・自転車などが完備されているので、唐津に来たその日から唐津暮らしを体験できる準備を整えています。また、キッチンなども完備してあるので地元のスーパーなどで食材を購入し調理を行うなど唐津の日常の暮らしを体験できます。

2.移住コンシェルジュが移住をサポート

唐津市移住コンシェルジュが、あなたの『見たい』『知りたい』『やりたい』 『繋がりたい』をサポートします。滞在中定期的にヒアリングを行ない、住まい探しや仕事探しのサポート、地域の情報や医療・福祉、教育・子育てなどの生活に関する情報提供を行っています。

実際に古民家を活用しお店をされている方をご紹介

3.様々な唐津暮らしを体験

唐津市は、海山川島などの自然、文化や歴史が豊かな場所です。移住コンシェルジュがスポーツや釣り、SUP、キャンプ、海水浴場、農業、トレッキングサイクリング、島巡り、温泉、窯元巡り、お祭り、ボランティアなどの様々な体験をコーディネートしています。

唐津焼の窯元見学の様子

4.唐津の地元の方や先輩移住者とつながる

NPO法人唐津Switchでは、地元の方や先輩移住者とゆるく繋がれるコミュニティを市からの受託で運営しています。滞在中、「唐津でこんなことをしている人と繋がりたい。」「先輩移住者と話がしてみたい。」などのご希望を移住コンシェルジュが直接お繋ぎしています。移住前に唐津の方や移住者と繋がることで、生の移住情報や生活の情報を得ることができますし、移住後の暮らしも地域の方とつながりを持ちながら送ることができます。

お試し移住利用者の声

NPO法人唐津Switchは、前身のNetwork Stationまつろ時代から市の受託により5年間で約100組180名の方のお試し移住をサポートしてきました。実際にお試し移住を体験された方々の声をお届けします。

子どもが生まれたばかりで、唐津の子育て環境について、からつ子育て支援情報センターを見学しました。県外から来た私たちにもスタッフの方の温かい対応に好感が持て、ゆったりとした立派な施設で感心しました。このような体験をしたことで、本格的に移住を考えたときに他の候補地から一歩抜け出すのは、間違いないと思います。その意味で体験する価値がある事業だと思いました。

体験施設には、生活する上で必要なものがほぼ全て揃っていたので、滞在中の時間を移住に向けて有意義に使うことができました。また、いろんな方に人脈を繋いでいただき、充実した日々を過ごすことができ、様々な発見、体験をすることができたことで移住に対する心づもりができました。

唐津は自然が豊かで、海が近いことが実感できました。食べ物も海の幸が新鮮で、苦手だったイカが美味しく絶品でした。また、都会過ぎず渋滞もないので、ストレスなくリラックスして生活をすることができました。また、娘の為市内の学校見学もさせていただきました。

東京のさが移住サポートデスクを通じ参加しました。実際に住みながら唐津の暮らしを体験し、今後の見通しが想像しやすくなりました。お試し移住がなければ、実行する前に断念していたと思います。移住に向けての一歩が踏み出せました。

生活スタイルを変えることなく、唐津で現実味をおびた生活ができ、周辺環境、ペットが馴染める環境かどうか、一番心配していたことが解消されました。良かったことは、お試し住宅のご近所の方に温かく接していただけたことが特に嬉しかったです。体験したことで移住後の生活を実感できました。

体験中は、不動産会社を回り物件を見たり、会社の面接にも行きました。色々な方と交流ができ様々な体験ができたことは、唐津を知る上で大きかったと思います。また、農家の方と繋いでいただき相談にのっていただいたり、様々な可能性を探ることができました。

農業体験の一コマ

からつ子育て支援情報センター

(保育園や幼稚園、学校見学も行えます)

実際に暮らしてみることでわかることが沢山あります

ここまでお試し移住についてご紹介してきましたが、お試し移住は、地域の暮らしの体験や情報収集、地域の方との交流など移住の一歩前のステップとして利用していただける施設となります。実際に暮らしてみることで今まで以上にその地域の魅力を感じていただけると思いますし、移住後の暮らしのミスマッチを防ぐことができます。滞在中、私たちNPO法人唐津Switchの移住担当スタッフがサポートさせていただきます。唐津移住に興味がある方や唐津暮らしを体験したい方、唐津で新たにチャレンジしたい方、唐津の人と繋がりたい方はぜひお気軽にお問い合わせください。申し込み方法や問い合わせ等の詳しい情報はコチラのサイトをご覧ください。

朝日を見ながら無人島へSUP

(滞在中、唐津市内で様々な体験を行うことができます。)

【Information】

NPO法人唐津Switch

移住と空き家の相談窓口:https://goo.gl/maps/k7viSHENRxUb9maKA

お試し移住施設根の家WEBサイト:https://karatsu-switch.com/nenoie/

電話:090-2507-0303

コラムニスト:三笠旬太

青森県八戸市生まれ。大学卒業後、母親の実家がある唐津市へ移住。その後、海外生活などの経験を経て、唐津市から委託を受け移住支援の取り組みを行なっているNPO法人唐津Switchへ入職。

移住希望者の気持ちに寄り添った移住サポートや古民家を活用したシェアハウスの企画・管理、ローカルコミュニティの運営などを行なっている。唐津に住んでトータル9年。趣味は、登山・旅行・音楽。

唐津移住者コラムをFacebookでいいね

【この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします】

facebookページでは最新の情報をお届けします。