COLUMN MENU
> コラムトップ
 
> [唐津人]“未来のおとな”を育てる人へ
> [唐津人]移住者に託された移住促進事業
 
> [唐津のおススメ]子育て中のあなたへ
 
> [唐津のおススメ]日本一!?美味しい呼子のイカ
 
> [atelier de karatsu]子どもの可能性を広げるレッジョ・エミリア・アプローチ
 
> [平河さん一家]ふと立ち寄った時に、唐津の素晴らしさを実感!
 
> [山田さん一家]この唐津という街に永住を決めて良かった
 
> [加茂さん一家]住みごこちの良い唐津でこだわりの野菜作り!
 
> [片岡さん一家]仕事は福岡、生活は唐津というスタイル
 
 

あなたの唐津移住を200人がサポート
新しい移住の入口

 
唐津Switch コミュニティ

唐津Switch コミュニティ

 
「唐津では200人もの人が移住をサポートしてくれるんですよ。」そう満面の笑顔で話すのは、唐津市で移住コンシェルジュを務める三笠旬太さん。

200人が移住サポート…?

三笠さんが所属する『NPO法人NetworkStationまつろ』が行う移住支援の取り組み「唐津Switch」では、移住相談やサポート、唐津の暮らしを体験できるお試し移住などを行っている。その移住支援の取り組みの一つは、他の自治体と違う特徴をもっている。
その特徴は、移住者という唐津市外から来る人だけでなく、『唐津でつながるコミュニティ』づくりにも力を入れ、そこでつながる人達も移住のサポートに自然とかかわる形を作っているところだ。このウチ(唐津市内)・ソト(唐津市外)の人がつながれるコミュニティが「移住者」と「唐津」をつなげる大切な役割を担っている。
 
唐津Switchは移住相談窓口兼コミュニティスペースをもち、ここには約200名が登録している。登録者は唐津に住む人に限らず、唐津に移住してきた人、唐津にこれから移住をしたいと思っている人と多種多様。そこにあるのは「唐津になにかしら縁がある」という共通点だけ。
今、このコラムを読む「唐津」について知りたいと思っている『あなたも』、入ることのできるコミュニティ。コミュニティスペースはふらっと来て雑談をしたり、相談をしたりして登録者や移住者たちが利用している。
 
コミュニティで活動する人たち

コミュニティで活動する人たち

 
移住者支援なのに、何故コミュニティづくり?
関係ありそうでなさそうなことを同時にしているのには、意味がある。
三笠さんは青森からの移住者。祖母の故郷である唐津に足を踏み入れ、唐津の人とどんどんつながっていき、つながった人たちが唐津の魅力を伝えてくれていたそうだ。そして今の移住者支援という仕事も人との縁から取り組むことになった。三笠さんは「唐津の人が自然としてくれたことを自分もしていきたい。」という。
 
唐津に定住する前から唐津の人とつながる。
そのつながりは、あなたが唐津に住むのに心強いサポーターになってくれる。とはいっても、唐津Switchにいつも200名もの人がいるわけではない。
毎月『Switch交流会』が開かれ、コミュニティに登録している人、その友人や家族、紹介してもらった人、などなどが集まっている。(コロナの流行に伴い、現在は行われていないが、落ち着き次第再開予定である。)
 
 
自然に広がるコミュニティ

自然に広がるコミュニティ

 
毎回メンバーは違い、大体40~60名ほどが集まり会話に花を咲かせる。
そこに集まる、世代も、職種も、出身地もときには、国籍も異なる人々。そこに、上下や地位などはまったく関係ない。移住して来た人も、唐津にずっと住んでいる人もみんながフラットにつながれる場所。月に1回の3時間程度の集まりだか、新たな出会いがあり、その出会いから新しいつながりが生まれていく。(しかも、この交流会はお試し移住の方の日程に合わせて開催されるため、お試し移住で唐津を訪れた人はもれなく参加できる!!)お試し移住者でなくても、唐津Switchに連絡をいれれば参加が可能。1品持ちよりで、自分のドリンク持参なのも参加しやすいポイントだと思う。移住した人も移住後何度も参加され、そのたびに新しいつながりが広がっていっている。
 
唐津市在住の私も子連れで参加させていただいた。他にも子連れで来ている方もいて、家族でも安心して参加できた。普段の職場と家庭の往復では出会うことのできない人たちと出会うことができ、新鮮な気持ちになった。また、移住者の方の移住への思いや、唐津への興味、自分が知らない唐津の魅力を語ってくださることにも刺激を受ける。移住者も唐津に住む人もお互いに魅力的な場ができあがっていると思った。
 
共通点は『唐津』

共通点は『唐津』

 
三笠さんと今井さんは場を用意するだけで、つながりを強制することはまったくない。やさしく微笑み、全体を見渡し、ただ、参加者がつながりやすい場を提供してくれている。
今井さんは、唐津Switchが唐津への『入口』になればいいという。唐津Switchを通して、幅広いコミュニティが広がり続け、そこにはたくさんの『唐津でつながる』多くの人がいる。そこをつないでいきたいという思いで活動されているのだ。2人は移住希望者と唐津という「環境」だけでなく「人」とのつながりを大事にされていて、私は唐津に縁を感じて来てくださる移住者の方と唐津に住む人たちをつなぐ案内人のようだと感じた。
 
きっとあなたが知りたいことを伝えてくれる人がいる。紙面上だけでなく、生の唐津をこのコミュニティを通じて知ってほしい。

あなたと唐津をつなぐ魅力的なコミュニティ。この入口からあなたの唐津移住を始めてみませんか。
 
唐津への入り口 唐津Switch移住担当三笠さん(左)今井さん(右)

唐津への入り口 唐津Switch移住担当三笠さん(左)今井さん(右)

 
【Information】
唐津Switch https://karatsu-switch.com/
 
コラムニスト:あず

生まれも育ちも唐津市。『ただ住む場所』だった唐津。子育てを機に、仕事以外で出会う人が増え、『こんなに面白い人や場所』があふれる場所であったことに気が付く。この『魅力』を発掘し発信するべくコラムニストに挑戦。知るたびに唐津を好きになっていく。また、自分自身も地域を盛り上げる人になりたいという思いが膨らんできて、自分にできることを模索している。現在かわいい2人の子どもたちの育児も絶賛満喫中。
 
【この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします】
facebookページでは最新の情報をお届けします。
 
 
佐賀県唐津市西城内1-1
TEL. 0955-53-7149  FAX. 0955-72-9182
企画. 唐津市未来創生部移住・定住促進課
 
> 唐津について > コラム > 空き家バンク
> 子育て > 暮らし・仕事 > 支援制度
> お問い合わせ > トップページ  
 
http://karatsugurashi.com/
Copylight (C) karatsugurashi. All Rights Reserved.