COLUMN MENU
> コラムトップ
 
> [唐津人]“未来のおとな”を育てる人へ
> [唐津人]移住者に託された移住促進事業
 
> [唐津のおススメ]子育て中のあなたへ
 
> [唐津のおススメ]日本一!?美味しい呼子のイカ
 
> [atelier de karatsu]子どもの可能性を広げるレッジョ・エミリア・アプローチ
 
> [平河さん一家]ふと立ち寄った時に、唐津の素晴らしさを実感!
 
> [山田さん一家]この唐津という街に永住を決めて良かった
 
> [加茂さん一家]住みごこちの良い唐津でこだわりの野菜作り!
 
> [片岡さん一家]仕事は福岡、生活は唐津というスタイル
 
 

しっくりくる場所は、足を動かして見つける

 
石塚達也さん

石塚達也さん

 
移住を考え始めたけれども、いったいなにからやればいいんだろう。どこに?どうやって?費用は?仕事は?子育て環境は?など、前もって考えておきたいことがたくさん。Webで「移住」と検索すればたくさんの情報が出てきますが、自分たちにとってしっくりくる移住をピンポイントで見つけることはなかなか難しいのではないでしょうか。
 
そんなお悩みがある移住希望者さんをサポートするのが各自治体にある移住の窓口です。唐津市では、市からの委託を受け『NPO法人NetworkStationまつろ』がその役割を担っています。
今回紹介する石塚さんも、このサポートを活用した一人で、昨年家族で東京から移住してこられました。移住までに約10年の間、情報収集をしてきたという石塚さんの体験談から、Webだけでは分からない、自分たちがしっくりくる移住のために必要な情報収集のやり方が分かります。
 
石塚さんはこれから移住を考えている人へのアドバイスとして「実際に足を使って地元の人から直接情報を得る事が大事。」と話します。
 
東京でIT関連業をしていた石塚さんは、移住を考え始め、情報収集と観光を兼ねて日本各地を旅行しました。東北全県を車で移動してみたり、静岡と東京の2拠点生活をしてみたり。それでも自分たちが住む場所としてしっくりくる土地が見つからず、「ここがダメだったら海外に行こう」という気持ちでまだ訪れていなかった九州ヘ足を踏み入れました。当初は候補として他県が上がっていましたが、「せっかくだから佐賀も観光しよう」ということに。事前に移住窓口担当者とアポを取っておき、その時は挨拶程度で終わりました。石塚さんと奥様のどちらにとっても、思っていた以上に佐賀の印象が良く、その後「お試し移住体験」に申し込みました。
お試し移住とは、実際に唐津暮らしを短期間体験することができるプログラムです。滞在中に住まいや仕事探し、唐津の人との交流など、移住を検討するにあたって必要な情報を集めることができます。
石塚さんファミリーは滞在中、地元の方や先輩移住者との交流会、唐津くんち(祭り)に参加。また住まい探しでは、空き家バンクや不動産の物件を見学しました。古民家にも興味がのあったので「NPO法人からつヘリテージ機構」さんが開催している古民家見学ツアーに参加しました。
 
お試し移住体験事業・・・文末のリンクにて紹介しています
 
 
移住体験期間中に呼子を訪問

移住体験期間中に呼子を訪問

 
生活の大きな変化が伴う移住を決断するには不安はつきものです。その不安の払拭方法について「実際に足を使って、現地に行って五感を使わないと難しいと思う。」と石塚さん。また「現地で楽しくやっていくためには“人”が大事。町の人が自分とフィーリングが合えば、その町が好きになる。」と考え、唐津のお試し移住体験中には移住担当者を通して、唐津の町の人とつながることができました。唐津くんちで個人宅にて行われるふるまいへの参加や、他県からの移住者を訪問し唐津での暮らしについてリアルな声を聞くことができたそうです。これは行動派の石塚さんでも「まつろさん経由じゃないとなかなか難しかったんじゃないかな」と話します。
 
 
相談窓口担当者のアテンドで先輩移住者を訪問

相談窓口担当者のアテンドで先輩移住者を訪問

 
その後も数回九州を訪れ、奥様と話す中で唐津へ移住する意志が固まっていきました。物件を1年ほど探し続け、ようやく移住することができました。福岡へのアクセスもよく、好きなアウトドアを思う存分楽しめる唐津を気に入っています。
 
 
 
趣味のキャンプ、釣りを楽しむ(写真提供:石塚さん)

趣味のキャンプ、釣りを楽しむ(写真提供:石塚さん)

 
このように移住相談窓口では「こんな人と話したい」「ここはどんな町か」など移住に関するどんなことも相談に乗ってくれます。さらにこの窓口とつながっておくことで、移住に関する制度や助成金などの情報も得やすくなります。
 
石塚さんの体験談から、「自分にしっくりくるのかどうか」というのは、Web上の情報だけよりも実際に足を使って五感を使ったほうがより分かるということを学びました。またそれを自分たちだけでやることは難しく、相談窓口やお試し移住を活用することで、移住後の生活がイメージしやすくなり、生活の中で最も重要となる“人”とつながることができます。
 
『NPO法人NetworkStationまつろ』が実施する移住サポートやお試し移住体験についての詳しい情報は以下のURLからご覧になれます。移住の情報収集に煮詰まっている方、まずは相談してみるのはいかがでしょうか。
 
【Information】
NPO法人NetworkStationまつろ 移住相談窓口・交流スペース「唐津Switch」
〒847-0013 佐賀県唐津市南城内2-6
TEL TEL 090-2507-0303
WEB https://karatsu-switch.com/
 
コラムニスト:岡部寛子

唐津で生まれ育ち進学を機に東京へ。2017年にUターンしてから「唐津ってこんなにいいところがたくさんあるんだ!」と再発見。唐津の人がもっと唐津を楽しく過ごせる何かをしたいと思い立つ。まずは自分にできる小さいことから取り組もうと朝読書会の開催やレンタルスペースの運営等を行っている。湊町にあるドームハウス唐津の管理人。健康オタクで趣味は唐津の健康・美容スポット巡り。
 
【この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします】
facebookページでは最新の情報をお届けします。
 
 
佐賀県唐津市西城内1-1
TEL. 0955-53-7149  FAX. 0955-72-9182
企画. 唐津市未来創生部移住・定住促進課
 
> 唐津について > コラム > 空き家バンク
> 子育て > 暮らし・仕事 > 支援制度
> お問い合わせ > トップページ  
 
http://karatsugurashi.com/
Copylight (C) karatsugurashi. All Rights Reserved.